当園紹介

毎年8月初め頃から9月中旬まで開園し,約10種類の葡萄を販売しています。野菜も少しだけ販売しています。

旭ぶどう園の12か月

旭ぶどう園の12か月
ぶどうの出来るまで 1~4月

1月から2月にかけてはぶどうの枝の剪定を行います。4月頃芽が出始めてきて、5月頃に伸びてきた新枝をぶどう棚に誘引します。

ぶどうの出来るまで 6~7月

ジベレリン処理をおこない、粒の肥大化、無種子化を促進させます。ぶどうの粒を抜き、房の形を整えます。袋をかけ、ぶどうに色が着くのを待ちます。

ぶどうの出来るまで 8~12月

早生品種がとれはじめたら開園です。閉園後は施肥をしたり、新しい苗木を植えたりしています。

その他の仕事

病害虫の防除のために薬剤散布を行ったり、雑草を刈り取ったり、網を張ったりします。

ぶどう園の一年

2012年(平成24年)
2011年(平成23年)
2010年(平成22年)

管理作業

剪定
摘粒
袋かけ

ぶどう園の略歴

1973~1980年

秩父農工の加藤先生の指導によりさくらんぼやぶどうの苗を植え、 ぶどう棚を設置する(さくらんぼは土地に合わず早々に栽培を断念)。 ぶどうの販売を開始。

1981~1990年

小粒品種を徐々に減らし、大粒品種を増やす。ぶどうの地方発送をはじめる。

1991~1999年

大粒品種を中心に新品種を導入する等、様々な試行錯誤を繰り返す。

2001~2009年

売り場上部に鉄骨を組み、駐車場スペースを確保。大粒品種を中心に栽培。

2010~19年

近隣の宅地化が進み日照確保のため、他の畑に5aほど葡萄棚を増やす。

2020~現在

シャインマスカット系の品種割合を徐々に増やしています。

栽培面積等

約50a、従業員約3名の家族経営。露地栽培。